七つの水車

 

 

 

2014年2月15日、

七つの里 畑に、

七つの水車(ななっこ水車)が誕生しました。

 

 

 

交流施設 ななっこ対面の椿園下の水路に7つ並び

毎日くるくるくるくる・・・とまわっています。

 

 

 

自転車のホイール、タッパー、車用のバッテリー、木材・・・

身近な素材を利用した手作りの水車です!

朝から夕方まで、各集落のみんなが力を合わせて作りました。

 

 

 

この水車たちが発電したエネルギーは

地域の交流施設 ななっこで提供している

「水車コーヒー」に活用しているほか、

その他さまざまなことに活かしたいなと、考案しています。

 

 

 

☆☆☆

 

山の水がとっても豊富な畑地域。

「せっかくある水、何かに活用できたら面白いなぁ・・・」

と地域のみんな。

 

「こんなにすごいところがあるのに使わないのはもったいない!

こんな勢いの用水路は初めてだ!」

と水路を流れる水の勢いを見た水車の専門家。

 

そんなやり取りの中、みんなの手で生まれた七つの水車です。

どんな環境でで水車が回っているのか

七つ並んだ水車はこれからどう活用されていくのか・・・

 

どうぞぜひ覗きにきてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク

両丹日日新聞 平成26年2月25日http://www.ryoutan.co.jp/news/2014/02/25/007580.html